赤十字救急法等講習指導員(ボランティア指導員)とは、赤十字の協力者として、救急法などの方法を広く一般に普及するための知識と技術を取得していることを証明する資格です。

もっと大きな意味ではボランティアとして講習を通じて赤十字そのものを普及するための資格です。

 指導員養成講習(30時間)を受講し、検定に合格した方に「指導員認定証」を交付し、講習の指導にあたる指導員として活動していただいています。




指導員養成講習の受講条件

 ・満20歳以上の者で、「赤十字救急法救急員等」の資格を有する者
 ・事前研修、新任指導員研修を含め、全日程参加できる者
 ・赤十字について理解があり、今後の赤十字事業に積極的に協力可能な者


理想とする指導員

 救急法等の技術とともに「人柄」を重視します。それは、人の命にかかわる講習の指導にあたるからです。常に受講者への心配りを忘れず、「先生」ではなく、共に学ぶ姿勢で講習に望んでいただきたいと考えています。


日程・参加方法などについては日本赤十字社沖縄県支部へお問合せ下さい。

指導員希望者登録用紙
  


日本赤十字社沖縄県支部
〒902−0076 那覇市与儀1−3−1 複合管理棟5階
TEL 098−835−1180(事業推進課)
FAX 098−835−1178


指導員になりたい
資格継続について
講習申込み・派遣依頼
赤十字講習会とは