◇年間の主な訓練
 ・沖縄県総合防災訓練
 ・航空機事故消火救難総合訓練
 ・那覇市防災訓練
 ・九州八県支部合同災害救護訓練
 ・日赤沖縄県支部救護員訓練
 ・こころのケア研修会
 災害救護は、赤十字の最も重要な事業であります。
 災害対策基本法に指定された公共機関として、災害時における医療救護、救援物資の支給、血液製剤の供給、義援金品の受付・配分、赤十字奉仕団を核とする「防災ボランティア」による 活動など、災害救助法が適用された場所は勿論のこと、火災や風水害等による災害に対しても被災者の救護を実施しております。
 常に災害に備えて、災害救護訓練・研修の実施、救援物資の備蓄、救護班の設置、救護装備の充実に力をそそいでいます。
 なお、昭和49年3月災害救助法に基づく災害救助業務委託契約を沖縄県知事と日本赤十字社 沖縄県支部長との間に締結しております。