赤 十 字 講 習 会
日本赤十字社沖縄県支部

【 救急法 ・ 水上安全法 ・ 雪上安全法 ・ 幼児安全法 ・ 健康生活支援講習 】

指導員になりたい
資格を継続したい
講習会に参加したい
講習会とは

沖縄県支部

○ 救急法などの資格の継続について


救急法救急員等の資格は、取得してから3年間の有効期限となります。(H28.3以前)

取得して2年以上3年未満の方については、資格継続研修を受講することで、資格の有効期限をさらに3年間延長することができます。
〈平成28年4月以降に受講〉
資格の有効期限を5年間延長することができます。
(平成31年3月31日以後は資格の継続ができません。)

また、この研修を受講された方には、人工呼吸を行う際に使用する感染防止具をケース付きで配布しています。(健康生活支援講習を除く)

※救急法基礎講習のみを受講し「救急法基礎講習修了者」の資格を取得した方は、本研修の対象とはなりません。

○継続可能な資格
 赤十字救急法救急員、赤十字水上安全法救助員、幼児安全法支援員、健康生活支援講習支援員
 (救急法、水上安全法の方は「救急法基礎講習修了者」の資格も併せて継続されます)
 
 ※赤十字雪上安全法は沖縄県支部では実施しておりません。

○受講資格
 資格の習得から2年以上3年未満の方
 ※資格の有効期限内に受講して下さい。

○研修内容
 一次救命処置(救急法、水上安全法のみ)および各講習の学科・実技の一部
 実技については、室内で実施できるものを行います。

○持ち物
 各講習のテキスト、各資格認定証、筆記用具
 資格継続研修テキストは当日配布します。
 動きやすい服装でご参加ください。

 ⇒日程はこちら

人工呼吸用感染防止具(ケース付き)

○ 資格継続研修の内容


救急員等資格継続研修(資格継続の制度)は平成31年3月31日をもって廃止となりました。
平成28年4月以降に資格を取得された方は5年間の有効期限となります。
平成28年3月以前に資格を取得された方で資格継続研修対象の方は、平成31年3月31日までに継続研修を受講ください。

詳しくはこちらのご案内をご確認ください。