JRC(青少年赤十字)とは…
 全国の幼稚園、小、中学校、高等学校など、学校教育の現場で、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」を実践目標として、子どもたちが自分で「気づき、考え、実行する」力を育んでいます。
 沖縄県内では平成24年度末現在、179校が加盟しており、子供たちがメンバーとして活動し、未来を担う力として、世界平和と人類の福祉に貢献できる心を広げています。
 最後は、小中学校の児童と一緒に記念撮影
JRC賛助奉仕団の西原先生よりバッジの贈呈
 小さな手で一生懸命に胸骨圧迫を行う児童
赤十字についてわかりやすく説明する県支部職員
 平成25年4月23日(火)に座間味村立阿嘉小中学校、慶留間小中学校にてJRC(青少年赤十字)登録式を開催しました。
 登録式には、沖縄県JRC賛助奉仕団の西原 篤一先生よりJRC活動についての講話の後に、児童・生徒に対してJRCバッジの贈呈を行いました。
 その後、当県支部職員(救急法指導員)により、救急法短期講習会を開催し、応急手当やAEDの使用方法について、児童・生徒だけでなく、学校職員も一緒に受講しました。
 JRC(青少年赤十字)についての問い合わせは、当県支部事業推進課(098−835−1180)まで、お願いします。
 
座間味村立
 阿嘉小中学校・慶留間小中学校にてJRC登録式開催しました。