災害時等に備えての炊き出し訓練を行う参加者
研修に参加されている市町村担当者職員の方々
 緊急セット(日用品セット)、毛布、安眠セット
 創始者「アンリー・デュナン」についての説明
 平成25年4月18日から19日の2日間、読谷村内にて市町村赤十字担当課長研修会を開催しました。
 研修には各地域の赤十字奉仕団員も一緒に参加しました。
 初日に職員より赤十字の歴史と誕生、東日本大震災における復興支援、事業実績報告と事業計画についての他、社資についての説明、研修参加者と意見交換会を行いました。
 2日目はAEDを用いた講習会、救援物資の取扱いと参加者自らが炊き出し訓練を実施しました。
 今後も、沖縄県支部職員と県内の各市町村の赤十字担当職員、赤十字奉仕団員が連携して、地域の身近なところでも赤十字活動を展開できるように努めてまいります。
 今後も赤十字活動へのご理解とご協力をよろしくお願いします。
平成25年度(第40回)
 市町村赤十字事業担当課長研修会開催しました